あなたの心臓大丈夫?心臓病のサインを知ろう

軽いものから激しいものまで・・・胸の痛み

胸の痛みは心臓病の主な症状で、狭心症や心筋梗塞のサインともなります。胸の中央から全体にかけて漠然とした痛みで、時には肩や首などが痛んだり痺れたりすることもあります。狭心症の場合は無視できる程度の軽い痛みの場合も多く、放っておいてしまい症状を悪化させてしまうこともあります。心筋梗塞の痛みは、狭心症の比にならないほど強く「胸を抉られるような痛み」となって出てきます。軽い痛みでも、楽観視せずに一度病院で検査を受けることをお勧めします。

悪化すると安静状態でも辛い・・・動悸や息切れ

心臓の機能が弱ってきてしまうと、全身に十分な酸素を送ることができなくなります。そのため、軽い運動をしただけで動悸や息切れの症状が出てくることがあります。人によっては胸の痛みを感じることなく症状が進んでしまい、安静状態でも息切れをしてしまうこともあります。ついつい年齢のせいにしてしまう息切れですが、心臓から発せられた重大なサインである可能性があります。また、不整脈を起こして脈が飛ぶという症状も出てくるので、息切れが気になったら脈も注意してみるといいでしょう。

狭心症と心筋梗塞の違い

狭心症は血管が狭くなって血流が一時的に低下して、心筋が酸素不足に陥ることです。症状が出ても、安静にして15分程度で落ち付く事が多く緊急性は低いとされています。ただし、15分以上経過しても症状が治まらない場合は救急車を呼びましょう。心筋梗塞は血管内に出来た血栓により血管が詰まり、心筋細胞が酸素不足によって壊死してしまう病気です。症状も激しい痛みを伴い突然死の原因にもなり、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。緊急を要する事態にならないためにも、小さなサインを見逃さず病院で検査・治療をするようにしましょう。

冠動脈バイパス手術は、術後の経過観察がとても重要です。患者は手術が成功した後も、油断せずに執刀医の支持に従う必要があります。