ボトックス注射で夏のエチケット対策をしよう

ボトックス注射はどんな使い方がある?

ボトックス注射という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、ボツリヌス菌から抽出したボツリヌストキシンというタンパク質を患部に注射する方法です。筋肉の収縮を弱める効果があり、神経と筋肉の間をブロックする働きがあります。使われるケースとしては、美容外科でしわを取るため用いられる方法です。しかし、用途はそれだけではなく、夏に気になるエチケット対策としても活用できます。具体的には、脇の汗を止める方法です。

脇の汗対策の面倒臭さ

夏になると汗をかく機会が増えますよね。特に薄着をするため、脇の汗は服にシミを作り隠すことができなくなります。この対処法として効果が期待できるのがボトックス注射です。患部に注射をすることで、脇の汗を止めることができます。自分で注射をすることはできず、専門のクリニックで処置をしてもらう必要があり、なおかつ、効果は永続的ではなく数ヶ間しか続きません。しかし、毎日の汗ケアの手間を考えると効率的な方法と言えます。

脇汗が完全に治るケースも

脇汗対策としてボトックス注射をすることのもう一つのメリットは、極稀に永続的な効果が期待できるということです。これは、ボトックス注射自体の効果というよりも、精神的な影響が関係しています。脇汗というのは、体温調整の為に出るのではなく、緊張が影響してでることが多いものです。脇汗が出ていることを気にして精神が緊張してしまい、症状が悪化するケースも珍しくありません。そんな時にボトックス注射をして、数ヶ月間でも脇汗に悩まない状況を作ることで、精神的にリラックスし、脇汗の悩みから開放される可能性があります。個人によって効果の差があるものですが、検討してみる価値のある方法と言えます。

ボトックスの場合、表情によってできる顔のシワの改善に効果的で、評判の良いクリニックを利用することが重要です。