深刻なわきがの悩み、どう受け止めるのがいい?

わきがに悩まなければいけない訳

日本人のわきが体質は、国民全体のおよそ10%程だと言われています。10人に1人がわきがだと考えられるわけで、わきが体質の人が少数派だと言えます。ちなみに、白人のわきが体質は80%以上、黒人だとほぼ100%以上と言われています。日本人はわきが体質の人が少ない故に、またその匂いが独特である故に嫌う傾向にあるようです。欧米人にとっては、わきがは普通のことなので、日本人程気にする傾向にはありません。しかし、エチケットとして腋を清潔に保ち、デオドラントをするようにしているようです。でも、周りもわきがだと思えば、理解者も多いような気がしますし、相談もしやすいですよね。日本人のわきが体質の人が悩まなければならないのは、少数派故ということが言えそうです。

わきがのお悩みにはどんな対策がある?

わきがを治すには、手術を受けるのが手っ取り早いと言えます。しかし、手術にはリスクがつきものですし、治療費や治療期間を考えると中々踏み切れない人もいますよね。そんな人は、自分でケアするしかありません。まずは、汗をきちんと拭き取ること。最近はわきがでなくても、汗の匂いを気にする人も多いので、デオドラントシートが沢山発売されてますよね。わきがの匂いはアポクリン線という腋の下にある汗線から出る汗に原因があるので、これをキレイに拭き取れば匂いを除去することが出来ます。また、衣服に匂いがつかないようにするシートや、腋汗をブロックする下着もあります。消臭用の石鹸等も発売されているので、自分にとって使いやすいもの、また自分の匂いのレベルにあったものを見つけて使えるといいですよね。

わきがの悩みが解消されたなら

わきがの匂いで悩んでいる人は、特に夏や人前に出ること、人に接近することが苦手なのではないでしょうか。わきがである事を気づかれるのは、辛いですよね。何かある毎に、そんな気苦労をしなければならないなら、いっそ手術をしてしまうのもいいかもしれません。最近は保険適用で手術をしてくれる病院もあるようです。手術後は、すぐにわきがの匂いから解放されて、気が楽になりますよ。夏や人ごみでもレジャーを満喫できたり、わき汗シートをつけなくていいので、ノースリーブ等のファッションも楽しむことが出来ますよね。悩みが解消できれば、今まで出来なかったことにもチャレンジできたりと、人生がよりいっそう楽しくなるでしょう。

わきがの治療は皮ふ科や美容外科、形成外科で行うことができます。治療をすることにより、においだけではなく多汗も改善することが可能です。